重いFirefoxをなんとかして速くしたい

nagai

2009.07.30

イメージ

その強力なアドオンで、とっても便利なFirefoxですが、毎日使っているとドンドン動きが重くなっていってしまいます。
うーん、どうにか軽くならないものかと色々やってみました。

起動を速くしたい

まずはとにかく時間のかかる起動をなんとかしたいと思います。

Firefoxはブックマークやら履歴やらクッキーやらをSQLite DBで管理しています。
毎日使っていくうちにDBは大きくなり、起動や動作が重くなっていくとのこと。
そこでSQLite Optimizerというアドオンを使って、DBの最適化をしてしまいます。

手順は以下の通り。
1. SQLite Optimizerをインストール。
2. アドオンの管理画面でSQLite Optimizerの環境設定画面を開きます。
3. 『Firefox終了時にsqliteデータベースのREINDEXを実行する』にチェックを入れます。


以後、Firefoxを10回終了する毎に1回、DBの最適化が実行されます。

コレだけです。
起動が速くなった!と思います!

ページの先頭へ

表示を速くしたい

画面表示の際、ステータスバーに「XXXのアドレスを解決しています」と出たまま待たされるコトが多いです。
調べてみると、どうやらFirefoxは「まずIPv6のアドレス解決を試して、その後IPv4のアドレス解決を試す」という順序を踏むとのこと。
そこで、IPv6機能を無効にしてしまいます。

手順は以下の通り。
1. アドレスバーに『about:config』と入力。
2. フィルタで『network.dns.disableIPv6』というプロパティを抽出し、ダブルクリック。
3. 値が『true』に変更されたことを確認してFirefoxを再起動。

コレだけです。
表示が速くなった!気がします!

ページの先頭へ

もう、動作自体を速くしたい

とにかくメモリを消費しまくるFirefox。
朝にFirefoxを起動すると、夕方には動作が重くなってしまいます。
再起動をするのも意外と煩わしかったりします…。

そこで、今度はMetaboFixというソフトを使ってメモリ使用量を調整します。

手順は以下の通り。
1. こちらのページからMetaboFixをダウンロードしてインストール。

コレだけです。
アイコンがタスクトレイに表示され、定期的にFirefoxのメモリを解放してくれるようになります。

試しに比較してみると…

大幅なダイエットに成功!
メッキリと動作が軽快になりました!

C-brains nagai

最新記事もよろしければご覧ください

バシャログ。の購読はこちらから

RSSリーダーを乗り換えた方は再度ご登録を。

  • follow us in feedly

ページの先頭へ

アーカイブ

バシャログ。運営Webサービス

  • 当番くん - 完全無料の当番表自動生成サービス
  • CSS Selector Generator | CSS のセレクタ一覧を一発で自動生成!

お問い合わせ

※個別の技術的なご相談については弊社が通常有償で行っている業務の範疇となりますためご回答いたしかねます。
申し訳ございませんが、ご了承ください。

株式会社シーブレイン